ロードバイク海外通販

ロードバイク・MTBのフレームやパーツをwiggle、Evans cycles、Chain Reaction Cyclesなどの激安店から海外通販・個人輸入しよう!当然リンクフリー

Edge200、Edge500、Edge800、どれが最適なのか?ちょっと比較

Edge200が発売され、海外の各サイクリングショップでも、大方出揃いました。Edge200、Edge500、Edge800、機能面でも、価格面でもさまざまで、いったい、どの機器が一番自分に合うのか分からないと頭を悩ましている人のために簡単に比較してみました。


Garmin Edge 200





Garmin Edge 500





Garmin Edge 800







まずは比較表から。


比較チャート+動画

Comparission Chart (GPS Units only - not Bundles)

Features Edge 200 Edge 500 Edge 800
Unit Dimensions 4.8x6.9x2.1cm 4.8x6.9x2.1cm 5.1x9.0x2.5cm
Display Size 3.0x3.7cm 3.0x3.7cm 3.6x5.5cm
Weight 58.5g 56.7g 95g
Battery Life 14 Hours 18 Hours 15 Hours
High Sensitivity GPS Yes Yes Yes
Hotfix Yes Yes Yes
Heart Rate Monitor . Optional Optional
Speed/Cadence Sensor . Optional Optional
Calories . Speed/Dist Speed/Dist
ANT+ Power Meter . Yes Yes
Barometric Altimetre . Yes Yes
Virtual Partner Yes Yes Yes
Auto Lap Yes Yes Yes
Alerts Yes Yes Yes
Custom Workouts Yes Advanced Advanced
Courses Yes Yes Yes
Lap History (Hours) 130 1000 1000
Heart Rate Zones . 5 5
Power Zones . 7 7
Bike Profiles . 3 3
Basemap . . Worldmap
Mapping/Navigation . . Option
Elevation Profile Page . Yes Yes
microSD Card . . Yes
Temperature . Yes Yes
Download Capability Yes Yes Yes
Garmin Connect Yes Yes Yes
Garmin Training Centre Yes Yes Yes



以下は、公式の動画です。Garmin blogから。


First look: Garmin Edge 200






Introducing Garmin Edge 500 cycling GPS







Edge® 800 Touchscreen GPS bike computer








Garmin Edgeシリーズの価格


ノーバンドルバージョンで、

Edge200 17,500円

Edge 500 27,000円

Edge800 47,000円



とかなり悩ましい価格。



ANT+とは?

「ANT+」は、Garmin傘下である、カナダのDynastream Innovationsが開発したANTを採用したデバイスが相互に通信できるようにした共通の仕様です。

超低消費電力のデバイスを開発でき、柔軟なネットワークが構成でき、多くのANT機器がボタン電池1つで1年~数年以上利用できるとされているように超低消費電力で運用出来る点が特長です。

ANTを普及するアライアンス「ANT+ Alliance」には2011年3月現在、365社以上の企業が参加し、多くのメーカーから対応デバイスが販売されています。これによって、異なる会社同時の機器ををリンクする、というようなことも可能です。最近では、スマートフォンでは、ソニエリのXperia arcでも採用などと、今後一層の普及が見込まれます。

この3機器であれば、Edge200が非準拠、Ege500とEdge800がANT+に準拠しています。





自分に不可欠な機能はどれか

Ege200は、シンプルさにこだわったGPS付きサイコンです。上の比較チャートを見ても分かるように、Edge200は、ハートレートモニター、スピード/ケイデンスセンサーがオプションでも付けられません。そして、カロリー、ANT+パワーメーター、気圧計、温度計がついていません。これらの中で、1つでも自分にとって不可欠な機能があるという方は、Edge500以上を購入したほうがいいのではないでしょうか。


Edge500は、Edge800でカーナビのような詳しいマッピング以外の機能はほぼ同じです。この3機種の中では、Edge500が最もバランスのとれたサイコンで、個人的に最もオススメです。

Edge500





詳しいナビ機能が必要というのであれば、Edge800を購入すべきでしょう。

Edge800







このようにEdge200、Edge500、Edge800と出揃ったことによって、GarminのGPS付きサイコンは頭を悩ませる要素が多くなりました。しかし、同時に、自分の求めるもの、レベルに応じて選びやすくなったとも言えます。




Garminのサイコンのレベル別オススメ

初心者~中級者

このレベルの人には、Edge200はぴったりなGPSでしょう。Garminの安く丈夫で、走行記録も正確ですなGPS付きサイコンです。



しかし、ハートレートモニターやマイレージデータなどのANT+データが必要でないという条件です。将来、このような機能を欲しくなると思うのであれば、Edge500以上の機種を買ったほうが良いかと思われます。



中級者~、ナビにこだわらない

Edge500が最適だと思われます。インターバルや、アドバンストワークアウトやほとんどのANT+センサーデータとも互換性があります。

新しいパワーメーターと組み合わせれば、おそらく最高のサイコンでしょう。



価格、機能面を考えれば、一番バランスのとれたサイコンがEdge500ではないでしょうか。



中級者~、ナビにこだわる

Edge800が最良の選択だと思います。Edge800は、Edge500に出来ることは全て出来て、プラスカーナビかそれ以上のものを付け加えた素晴らしいサイコンです。




しかし、値段が少しはるのが難点でしょうか。



トライアスリート

FR305やFR310XTをチェックしてみてください。



あくまで独断ですので、参考の1つとしてどうぞ。



なお、現在のGarmin Edgeシリーズの価格は、Wiggleならここ、Chain Reaction Cyclesならここ、Evans Cyclesならここでチェックして下さい。


関連記事
レビュー dhbビブショーツ編

カーボンで優れているのは、12kか3kか?


ロードバイクブログランキング

自転車・サイクリング人気ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト



[ 2011/12/15] Review | TB(0) | CM(-)
Books


ロードバイク「規格」便利帳 (エイムック 2487)



ロードバイクの整備と修理 (ヤエスメディアムック364)



ロードバイクメンテナンスノート シマノ編



ロードバイクメンテナンスノート カンパニョーロ編



ロードバイクメンンテナンス改訂版 (エイムック 1775 BiCYCLE CLUB HOW TO SERI)



ロードバイク・メンテナンス 2012年度版―まるごと一冊完全マニュアル (M.B.MOOK)



ロードバイク&パーツカタログ2012 (エイムック 2337)



サイクルパーツオールカタログ2012 (ヤエスメディアムック359)



ロードバイクインプレッション2012 (エイムック 2318 BiCYCLE CLUB別冊)



ロードバイクQ&A 今さらきけないソボクな疑問



ロードバイクスタートBOOK (エイムック 2366)



BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2012年 12月号 [雑誌]



CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2013年 01月号 [雑誌]



BICYCLE NAVI (バイシクル ナビ) 2013年 01月号 [雑誌]



CICLISSIMO (チクリッシモ) No.31 2012年 12月号 (サイクルスポーツ2012年12月増刊)



funride (ファンライド) 2012年 12月号 [雑誌]



VELO MAGAZINE(ベロマガジン)日本版 VOL.3 2012年 11月号[雑誌]