ロードバイク海外通販

ロードバイク・MTBのフレームやパーツをwiggle、Evans cycles、Chain Reaction Cyclesなどの激安店から海外通販・個人輸入しよう!当然リンクフリー

【レビュー】Endura FS260 Aerogel Mitts

ロードバイク海外通販情報。レビューです。



久しぶりのレビュー。実は、書きかけのレビューもたくさん。

今回はグローブのレビューです。

Endura FS260 Aerogel Mitts






Endura FS260 Aerogel Mittsのサイズ、カラー、価格

カラーは、3色。ブラック、ブルー、ホワイトです。ブルーはTeam Skyな雰囲気。






Endura FS260 Aerogel Mittsの価格は定価で、£25.99、3,000円ほど。実売は2,500円ほどでしょうか。グローブ全体では高価なものとは言えませんが、Enduraのグローブの中では、高価な部類に入るグローブです。




FS260 Aerogel Mittsは中距離以上に最適

今回は、CRCからのサンプルです。初心者の方も、バイク用のグローブは、非常に興味があるのではないでしょうか。

Endura(エンデュラ)は日本ではあまりメジャーなメーカーとは言えませんが、イギリスのサイクリングウェアメーカーです。

海外ではよく知られたメーカーで、各ショップ、すべて取り扱いがあります。


僕がこのグローブを選択した理由は、1.丈夫で、2.パッドの厚いグローブが欲しくなったこと。その中で、評価の高いものを選択しました。Cycling Weekly MagazineとCycling Plus Magazineで8/10、9/10という高得点が付けられています。

僕は普段からロードバイクに合わせて、固定とMTBにも乗っています。固定に乗っている時は、ロードと違い、グローブなしで走っていますので(長距離は走りませんが〉、手のひらは普通の方よりは強いかもしれません。なにせ、固定はNittoハンドル、クロモリむき出しですから。

夏場に関しては、ロードバイクに乗る場合も、だいたい50km以上走るかなという場合にしかグローブはしません。理由は暑いから。面倒だから。

たまに落車した場合に危険だからグローブは必須という意見もありますが、ロード用のグローブは保護用という意味ではあまり意味はないと、グローブをつけて落車、小指を骨折した経験から言っておきます。


人間の指は、関節がとても弱く、しかも外側が一番細くなっているので、結構簡単に折れます。それ故、MTB用のグローブや、モーターサイクル用の関節の周りをプロテクトする機能がありますが、ロード用のグローブは、そのようなグローブとは違い、プロテクトのための機能はついていません。最初から関節を保護する目的を考えた上での設計ではないと思います。

あくまで、これは個人の経験に基づく判断です。グローブをしていたほうが、擦り傷などの外傷は防いでくれることは間違いありませんが、その丁度のプロテクトだと考えて下さい。


話を元に戻して、Nittoクロモリに鍛えられた僕の手も、ロードバイクで50km以上、特に100km前後走るとなると、手のひらがヒリヒリとしてくるので、グローブは必須です。というわけで、特に中距離以上に適していて、丈夫なグローブをいうことで、このグローブを選択しました。

しかし、実際に使用してみて、これは正しい選択だということが分かりました。


Enduraのグローブのサイズ選びについて

僕はMサイズを選びました。グローブに身長、体重などは関係ないかもしれませんが、いちおう念のために書いておくと、身長は180cm、痩せ型の体型です。手はこの身長にしては小さめです。
してみた感じは、完全にぴったり。







Enduraのグローブのサイズに関しては、海外の商品だとは言え、一般的な日本人男性と比べて、手が大きめの方はL、標準のかたはMサイズ、そして、小さめの方はSサイズというような素直な選択すれば間違いないと思います。



Endura FS260 Aerogel Mittsの各部の詳細

FS260 Aerogel Mittsのパッドの部分。露出したパッドが、特徴的。布に覆われているタイプと比較して、かなりグリップが増します。



厚みもかなり。



Aero Gelは路面の凹凸からくる衝撃をよく拾ってくれます。長時間/長距離のライディングでも、手のひらが痛くなることはありませんでした。

Gelには、こうした穴が開けられ、通気性を確保しています。


手のひら側は甲側より厚い生地が使用されています。

親指と人差し指の間には、このようにPUによる補強がされています。



手の甲側は3つのメッシュ素材から出来ています。外にいくほど、薄いメッシュが使われ、ベンチレーションとデザインをうまく融合させた設計。



外側の白いメッシュ部分はこのような感じ。


1ヶ月ほどしか着用していないので断言することは出来ませんが、おそらく耐久性も最高でしょう。他のレビューには、耐久性を褒めるような書き込みがありました。



というわけで、ワンセンテンスで書くなら、Endura FS260 AeroGel Mittsはコストパフォーマンスの高い、中、長距離ツーリング用のロードバイク用グローブ

僕としては少し重装備に感じますが、もちろん、短距離にも問題はありません。低価格、All-In-Oneなグローブなので、初心者用の状況を選ばない最初のグローブとしてもいいでしょう。


難点を1つ言えば、少し縫製が荒いかなというところ。写真にも時々映っていますが、糸の後処理が少し雑。まあ許容範囲で、破れにつながったり実用上での問題はない範囲ですが、万が一、そのようなことが場合にはクレームを入れましょう。




Endura FS260 Aerogel Mittsは個人的にこんな人にオススメ

  • 中、長距離に適したグローブが欲しい。
  • とにかく丈夫なグローブが欲しい。
  • ロードバイクのハンドルに慣れていない初心者ローディー。





というわけで、ロングツーリングに快適、かつ低価格なグローブをお探しの方は是非どうぞ。


Endura FS260 Aerogel Mitts



興味のあるかたは、Enduraのサイトに、Cycling Weekly MagazineとCycling Plus Magazine のレビューがあります。英語でpdfという非常に面倒くさいものですが、リンクを貼っておきます。

http://www.endura.co.uk/Product.aspx?dept_id=106&prod_id=221




関連記事
Review




ロードバイクブログランキング

自転車・サイクリング人気ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト



[ 2012/06/03] Review | TB(1) | CM(-)

dhb Aeronショーツ、ビブショーツのパッドのまとめ (8/15 Mon.)

Aeronサイクリングショーツとサイクリングビブショーツを、特にパッドに注目してまとめてみました。

dhbのAeronシリーズは、上位からAeron Pro、Aeron Race、Aeronという名前が付けられています。パッドは同じく上位から、Tour Air、Giro Air、Race LT






実際の写真はこんな感じ。


Race LT

Anti wrinkle impressions. Central channel in the perineal area supports male anatomy.








Giro Air

 Perineal area engineered for male anotomy.Dual density and 3D shaping.Perforated design fon maximun ventilaion.









Tour Air

Perineal area engineered for male anotomy.Dual density and 3D shaping.Perforated design fon maximun ventilaion.







パッドの厚みは、Race LTを基準にして、Giro Airが1.5倍、Tour Airが2倍の厚さがあります。そして、パッドの密度、素材や表面の処理の仕方も上のグレードにいくほど、通気性、耐久性などに優れるものになっています。僕が実際にロードバイクに乗ってみた感想から言って、



50km未満なら、Race LT

50km以上なら100km未満なら、真ん中のグレードのパッド、Giro Air

100km以上なら、一番上のグレードのTour Air


がおすすめ。

すべての人に当てはまるというわけではありませんが、参考にして下さい。


このRace LT、Giro Air、Tour Airのパッドを使用したサイクリングショーツ、ビブショーツは現在、この5つ。


商品名 素材 パッド 価格
Aeronサイクリングショーツ Ceylon 190g Race LT £24.99
Aeron Race サイクリングショーツ Action 205 Giro Air £41.66
Aeron サイクリングビブショーツ Ceylon 190g Race LT £33.33
Aeron Race サイクリングビブショーツ ショーツ Action 205+カーボンファイバーパフォーマンスストレッチ Giro Air £49.99
Aeron Pro サイクリングビブショーツ Field Sensor 249g+カーボンファイバーメッシュブレース Tour Air £62.49




関連記事
レビュー dhb Aeronサイクリングショーツ編(メンズ) (8/11 Thu.)

レビュー dhb Clipジャージ編(メンズ、レディース) (7/25 Mon.)


ロードバイクブログランキング

自転車・サイクリング人気ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[ 2011/08/15] Review | TB(0) | CM(-)

レビュー dhb Aeronサイクリングショーツ編(メンズ) (8/11 Thu.)

お待たせしました!久しぶりにdhbレビューです。

しかし、暑い! 蒸し暑い!! 普通に生活しているだけで、何かの罰ゲームか嫌がらせかと思うほど不快。それか前世のバチとか。

夏の間にアップしなければならない書きかけのレビュー記事(つまり夏用ウェア)がPCにたまっているというのに、コチとらきっちり夏バテ。やる気とは裏腹に、全く体が付いてこない。

それはそうと、前回のClipジャージのレビューでは、複数の人が拍手ボタンを押してくれたようです。ありがとうございました。このレビュー記事が参考になったという方は、どうぞ惜しみない拍手と、ランキングボタンなど押して、このブログを応援してくれると、夏バテの僕にとっては、この時期の鰻重とか、焼肉とか、ユンケルとか、ラーメン二郎全マシとか、とにかくそんなの感じのスタミナになります。

ロードバイクブログランキング




というわけで、今回は、dhbのサイクリングショーツのレビューです。wiggleからサンプルとして提供。今回はメンズのみですが、レディースもサイズ以外なら参考になるかと思います。







レディースでこのに対応するのは、dhb Ladies Aeron Cycling Shortです。




まず、前回のdhbのClipジャージと同じようにwiggleのサイトにある商品の紹介文から引用です。


主な特徴 dhb - Aeron サイクリングショーツ


新しいAeronサイクリングショーツは素晴らしい特徴をお手ごろな価格でご提供。

プレミアムイタリア製伸縮性素材使用。 ‘Race LT’CyTech Elastic Interfaceサイクルパッド付きのフィット仕上げ。 妥協のない、優れた価値を持つサイクリングショーツです。

Ceylon 190g’ パフォーマンス伸縮性ファブリック (80%ナイロン-20%エラスティン)

CyTech Elastic Interface ‘Race LT’ シャモワ (サイクリングパッド)

シリコングリッパー付きdhb伸縮性レッグオープニング

右腿部分とバックにwhite dhbロゴあり。

dhbはライダーのフィードバックを考慮し、サイクリストの必需品であるウエアを改良しました。

dhbフィットモデルを改良し、更なるアスレチックフィットによりサドル上での素晴らしい快適さを提供します。

Aeronショーツは、イタリアの一流ファブリック工場にて生産されるCeylonパフォーマンス伸縮性素材から作られています。

ナイロン-エラスティンの配合により良いコンプレッション(圧力)が提供され、素晴らしい通気性を保ちながら筋肉が効果的に動きます。

ファブリックは滑らかでありながら、丈夫です。dhbシリコングリッパー付きの伸縮性レッグオープニングはショーツのずり上がりを防ぎます。

このショーツの重要要素はElastic Interface ‘Race LT’サイクルパッドです。

パッドは形状フォーム構造で、ライダーがサドル上で快適さを保てるようにデザインされています。


ご用意: ブラック / レッド/ブルー/ホワイト


価格は、メンズ、レディースともに£24.99。レートにもよりますが、今なら3000円弱というところでしょうか。

大変安価なレーパンです。前回紹介したClipジャージと同じように、このAeronサイクリングショーツもdhbのレーシングパンツの中で、エントリークラスに位置づけられるものです。


まずは全体の写真。



素材に関しては、通気性、伸縮性ともにいたって良好。dhb製品の素材に関して、不満を感じるところは、僕の知っている限りはありませんが、このAeronサイクリングショーツでもそれは同じ。

サイズですが、前回のレビューの時も言いましたが、僕は身長180cm、体重65kgの細身。ウェストは78cmほどです。その体型で、Mサイズでちょうどでした。僕と同じ身長で、標準的な体重なら、Lサイズだと思います。

おそらくレーシングパンツのサイズについては、ジャージなどのトップスほど神経質になる必要はないと思います。太もも部分も一般人のそれに合わせていて、決してプロ用極太の太もも用に作られているわけではないので、ぶかぶかに太ももが余るというような人はいないと思われます。


ロゴは二つ。ホワイトのdhbの文字が、右ヒップとウェストの間のこの位置と、



右太もものこの部分に入っています。



デザインは至ってシンプル。これ以上の装飾はありません。シンプルなデザインが好きな人にはいいでしょう。

Clipジャージと同じように、ずり上がりを防止するために、このようなシリコンテープが裾の部分にぐるっと一周縫い付けてあります。縫製も丁寧。




そして、レーシングパンツのキモ、パッド部分です。





厚みは写真では表現しにくいのですが、こんな感じ。指に力は入っていません。




エントリークラスのレーシングパンツですから、パッドは比較的薄めです。指の間隔は、生地を含めておよそ1.5cmというところでしょうか。

僕は固定にレーパンなしで乗ることもあるので、ある程度は強いケツをしていると思います。このAeronサイクリングショーツを着用して走ってみての感想は、ぼくの無駄に鍛えられたケツを差し引いて考えて、一般的には往復で50キロ程度までのサイクリングに最適なレーシングパンツではないでしょうか。

もちろん、体型やバイク歴にもよりますが、それを越えるような距離のサイクリングになると、もう少し厚いパッドが入っていたほうがいいかもしれません。

次回以降またレビューしますが、dhbのレーシングパンツの真ん中のグレード、Aeron Raceには、Giro Airというほぼ1.5倍の厚さのパッド、さらにその上のグレードのAeron Proには2倍の厚さのあるTour Airというパッドが入っています。



dhbのパッドをすべて経験したぼくが評価するなら、


50km未満なら、このRace LT

50km以上なら100km未満なら、真ん中のグレードのパッド、Giro Air

100km以上なら、一番上のグレードのTour Air


が最適です。


ケツの強い僕なら、さらに+20~30kmは大丈夫ですが、こんなトコロだと思います。しかし、このあたりは好み、体型、経験値にもよると思います。どうぞ、一参考に。


しかし、これはロードバイクのあの固くて小さなサドルに慣れた中級者以上の話。初心者の方で、ロードバイクに乗るとケツが痛くてしょうがないという方もいるでしょう。

もちろん、原因がフォームやサドルの高さなどにあることも多いのですが、ケツが痛くなると、フォーム強制どころではありません。初心者の方で、ある程度以上の長距離、長時間をこぎたい方には、僕としては真ん中以上のグレードをおすすめします。

思い返してみれば、ぼくの始めてのロングツーリングは、中学生の夏休み、台風警報が出る中のランドナールック車みたいな自転車に乗って、50キロあまりの旅でしたが、ケツと手のひらの痛みに悩まされました。初心者の方には、厚いパッドが入ったレーシングパンツとともに、この時期、暑くてもグローブの着用を是非おすすめします。



話が少し横にそれましたが、まとめると、このAeronサイクリングショーツは、まだ長距離を走らない初心者、もしくは中級者以上が練習用や普段使いにはくのに最適なレーシングパンツです。

価格の安いレーパンを複数持っていると、遠慮なくガシガシ使えていいですよ。


なお、現在、wiggleでは、dhbのAeronシリーズが20%offになるバウチャーセールを行っています。こちら

レビューしたAeronサイクリングショーツは、メンズ、レディースともにこのセールの対象品ですので、ぜひどうぞ。なお、上のグレードのAeron Race Cycling Shortも対象品になっています。


dhbのサイクリングショーツは、こちら



チェックアウト時に下のコードを所定の場所にタイプするか、コピー&ペースして下さい。

コードは、

Code: 20dhb


です。このバウチャーコードの期限は8月17日(水)22時までです。



購入金額が100ポンド以上になる方は、すべて20%offになるというこちらのALLJPNバウチャーをどうぞ。

詳細はwiggleのウェブサイトか、下の関連記事からどうぞ。

Wiggle Online Cycle Shop


次回は、間髪を入れずにビブショーツか、再びジャージのレビューを考えていますのでお楽しみに!


関連記事
レビュー dhb Clipジャージ編(メンズ、レディース) (7/25 Mon.)

wiggleの新しい長期バウチャー (8/10 Wed.)

wiggleの新しいセール、SSSの詳細 (8/2 Tue.)

Focus復活、そしてもうすぐ終了 (7/26 Tue.)

おぼんてんなCRCのバウチャーセール (8/10 Wed.)


ロードバイクブログランキング

自転車・サイクリング人気ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

[ 2011/08/11] Review | TB(0) | CM(-)
Books


ロードバイク「規格」便利帳 (エイムック 2487)



ロードバイクの整備と修理 (ヤエスメディアムック364)



ロードバイクメンテナンスノート シマノ編



ロードバイクメンテナンスノート カンパニョーロ編



ロードバイクメンンテナンス改訂版 (エイムック 1775 BiCYCLE CLUB HOW TO SERI)



ロードバイク・メンテナンス 2012年度版―まるごと一冊完全マニュアル (M.B.MOOK)



ロードバイク&パーツカタログ2012 (エイムック 2337)



サイクルパーツオールカタログ2012 (ヤエスメディアムック359)



ロードバイクインプレッション2012 (エイムック 2318 BiCYCLE CLUB別冊)



ロードバイクQ&A 今さらきけないソボクな疑問



ロードバイクスタートBOOK (エイムック 2366)



BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2012年 12月号 [雑誌]



CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2013年 01月号 [雑誌]



BICYCLE NAVI (バイシクル ナビ) 2013年 01月号 [雑誌]



CICLISSIMO (チクリッシモ) No.31 2012年 12月号 (サイクルスポーツ2012年12月増刊)



funride (ファンライド) 2012年 12月号 [雑誌]



VELO MAGAZINE(ベロマガジン)日本版 VOL.3 2012年 11月号[雑誌]